やってしまいました。

スポンサーリンク

ワードプレス初心者がかなりの高確率でやってしまうヤツを、わたしもやってしまいました。

頭の中が真っ白になり、本当にまいりました。

以下、その詳細です。

URLをいじってしまった

自分でも後悔していますが、URLは変更したりしてはダメです。

いったいどこをどうしたのかと言いますと、

ダッシュボード→設定→一般の、

つい出来心でここのURLを、httpから、httpsに勝手に書き換えてしまったのです(汗)

さあその後の展開は思い出すだけで血の気が引きます。

ワードプレスはセキュリティがすごい!というのを身を持って体験しました〜

自分のホームページにアクセスして、こんな画面が出るんです(涙)

なんておそろしい

もちろん、ワードプレスにはログインすら出来ません。

もう二度とあんな怖い思いはしたくないです。

では、どうやってリカバリー出来たかを書きます。

URLを書き換えてしまったワードプレスに再びログインする

一晩悩みました。調べてもそれが自分のケースに当てはまるのか不安で悩みました。

翌日職場でこの事を嘆いていると、なんと!つい最近ワードプレスでブログを始めた上司がわたしと全く同じことをしちゃったと言うではありませんか!

その上司に教えてもらった方法が、こちらです。

さすがにこの作業はスマホからは難しくパソコンから行いました。

契約しているレンタルサーバーのコントロールパネルにログインし「ファイルマネージャ」を開きます。

その中から「wp-config.php」というのを探します。

その中へ

define(‘WP_HOME’,’正しいURL’); define(‘WP_SITEURL’,’正しいURL’);

というのを書き込むのですが…

(正しいURLとは、書き損じる前の、本来のURLです)

リンクのページでは「一番下に」とあります。上司もそれで解決したらしいのですが、わたしは一番下に書き込んだ(コピペ)けどダメでした。

わたしは、ここに書き込みました。

編集が必要なのはここまでです
の上です

するとどうでしょう!何事もなかったようにワードプレスは元通りになりました。

しかし、間違えたURLをダッシュボード→設定→一般から書き直そうとしても、グレーに反転していて書き直せません。

…別にこのまま使用しても全く問題はなさそうです。テキトーなことをするユーザー(わたしのことです😭)が二度とヘマをしないようにURLの書き換えだけは出来ないようにしたのかな?と思いそのままにすることにしました。

そしてURLのグレー反転がなおった

その後、ちゃんとレンタルサーバーでSSL化の手続きをしたら必然httpsになりました。すると不思議なことにダッシュボード→設定→一般からURLが書き直せるようになっていました。

もちろん、書き直さなくてもすでにhttpsになっていましたけど。

怖いので、もう二度とさわりません。

ファイルマネージャから「define〜」の2行を削除しましたけど、今ではもう全てが何事も無かったように元通りです。

ではまた〜

コメント

アーカイブ

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました