猫は、爪を研ぎます。

スポンサーリンク
猫と暮らす上で、避けて通れない問題の一つに「爪研ぎ」があります。

猫は「よーし!これから遊ぶぞ〜!」とテンションが上がった時や、ワクワクソワソワした時によく爪を研ぎます。つまり、興奮しているような時に爪研ぎをします。

バリバリたまらにゃい

猫の爪は、伸びているとこんな感じです。

うちの子達は、わたし達飼い主に無意味に爪を立ててくることはありませんが、これが引っかかるとかなり痛いんです。

しかも、爪あとってなかなか治りが悪いんですよね…

クッションフロアもご覧の通り。
爪が立ってズタズタです。

実は猫もしつけることは可能で、やって欲しくないことを根気強く教えていけば、だんだんやらなくなりますが、子猫の頃はそんなの到底ムリです。

しかも、子猫の身体能力は想像を絶します。体が軽いのでビックリするくらい高いところまで飛び乗ったり、柱を登ったり、カーテンまで登ったりします。

直しても直しても
うちのカーテンはよくこんなんになります。

片付けても片付けても、家の中はぐちゃぐちゃ…

猫を飼っているおうちは、たいていそういうのを経験しておられると思います。

猫が爪を研ぐところ

どんなところで猫が爪を研ぐのかと言いますと…

まずは、壁・柱

面よりはこういった角の部分がどうやらお好きなようです。

うちは賃貸アパートなので、引っ越す時を想像すると血の気が引きます。

次に、カーペット

ループがいい具合に爪に引っかかって、猫達のお気に入りです。他にも、

ホットカーペットでも爪研ぎします。

ホットカーペットは、爪を研ぐだけではなく、潜り込んで遊んだりもします。いつもぐちゃぐちゃです。

ソファ、椅子

こういうファブリックは、猫達は見逃しません。

ソファは重量もあり、全体重を掛けて思いっきりバリバリやれるので爽快のようです。

以前ダイニングテーブルと一緒に使っていた椅子の座面です。

背もたれも無惨に爪で切り裂かれています。

そして…ジーンズ!!

猫が喉を鳴らして甘えてくる時、うっかりジーンズを履いていたらたまりません。

おそらく、しっかりした生地が爪を立てるのにちょうどいいのでしょう。

気持ちよさそうにうっとりしながら、ジーンズの太ももあたりに爪を食い込ませて来ますので、注意が必要です。

対策

爪研ぎを設置する

壁などでガリガリしている時に

「あー!そこはやめて〜」

など声を掛けながらやめさせていると、だんだん壁を引っ掻くことは減ってきました(根気が必要です)

その代わり、よく引っ掻く壁の近くに爪研ぎを置いています。

爪研ぎは、よくあるダンボール製のものと、麻のものとをよく使います。

ダンボールは手頃でいろんなデザインがあり楽しいです。

ですが、削りカスが出るので掃除が必要です。

もうかなり削られています(涙)

麻のものは、取り扱いも少なく、デザインもそう多くないのですが、長持ちして、ゴミもあまり出ないのがいいところです。

これはとても安くて良かったのですが
現在は廃版になったのか、見なくなりました

あとは、おもちゃがついたカーペット素材のものなども人気です。

キャットタワーの柱などは爪とぎが出来る素材のものが多く、お部屋に余裕があればキャットタワーを置くのも手です。

壁を保護する

うちはもう諦めたのですが、これから猫を飼おうと思っている方はぜひ、猫がおうちにやってくる前に、壁を保護する事をお勧めします(切実)

壁に何かを貼って保護するのがいいと思います。一例ですが、

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、ホームセンターで透明のシートを買ってきて、両面テープで壁に貼っています。

これは意外と功を奏しました。爪がなかなか立たないので、かなり長期間壁を守ることが出来ました。

貼る時は、床から最低100cmくらいは保護した方がいいと思います。個体差もありますが、成猫が背伸びして前足をぐーっと上に伸ばしたら1メートルくらいにはなるからです。うちは130cmまでは貼りました。

しかし、ビニールが固くなったのか、一部分を爪で突破されてしまいました。

無念です。

爪を定期的に切る

猫用の爪切りはペットショップやペットコーナーに行けば売っていますので、買っておくといいと思います。

ただ、猫は爪を切られるのは一般的にはものすごく嫌います。

うちの子達は子猫の頃から爪切りをしているせいか、ちょっと嫌がりますが諦めてじっとしています。しかし抵抗する子は凄まじく暴れて、危険です。

そういう時は、目の粗い洗濯ネットを使います。これは獣医さんもやっている方法です。

猫は狭いところは落ち着くようです。体の表面が何かに触れている、包まれていると大人しくなる傾向があるようです。

こんな商品もあるみたい!知らなかった〜

一人で難しければ、誰かに体を保持してもらうのも手です。

切るのは、ピンク色の部分よりも先です。ピンク色のところは血管です。傷付けてしまうと出血します。

点線よりも先を切ります

爪を切ると破壊力がかなり落ちます。ダンボール製の爪研ぎが大人気になります。爪切りをこまめにするのが、一番手っ取り早いのかもしれませんね。

いやはや猫の爪には本当に悩まされます。だけどたとえどんなイタズラをされても多分許してしまうんです。

でも、可能な限り、室内を破壊されないように工夫するのも大事かな?と思います。家賃やローンを払っているのは飼い主なのですから。

わたしも楽しく猫と暮らしていけるよう、日々アイデアをひねっています。

何かいいアイデアがあったら、ぜひ教えてくださいね☺️🍀

ではまた。

コメント

アーカイブ

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました