令和初日のおでかけ〜宮島・弥山

スポンサーリンク

とうとう令和がやって来ました!

ゴールデンウィークに10連休❣️❣️

なんて夢みたいですよね〜✨

息子とおとうさんは暦通り10連休ですが、わたしは看護師の宿命…残念ながら10連休とまではいきません。

が!!

三連休を頂けたので家族で出掛けてきました!

令和元年五月一日、どこにおでかけしたかといいますと…

安芸の宮島

予報ではずっと雨だったのですが、なんとか天気は曇りで持ち越した令和元年五月一日。

何年か前に宮島を訪れた時は、適度に人がいて、そんなに混み混みな印象は無かったのですが…

記念すべき日の御朱印のためか、ここは渋谷のスクランブルか?!というくらいの人!人!人!!!

宮島〜駐車場編

基本的に宮島へは車では渡らず、フェリーで行くことをお勧めします(特殊な場合を除き徒歩の方がいろいろと都合がいい島です)。フェリー乗り場に近いところにたくさん駐車場があり、相場は1日1000円です。

わたしは今まで駐車場で困ったことがなかったのですが、さすが、令和元年初日

フェリー乗り場に近いところは全て満車。駐車場を探す車で大混雑し、車を停めてフェリーに乗るまで一時間半〜二時間かかりました。

今回、我が家が車を停めたのは「ちゅーピーランド」という少し離れた山の中にある遊園地(?)の広大な駐車場でした。

一応無料で利用出来るシャトルバスがありますが、それに乗るのも長蛇の列…

正直歩いて港を目指していれば30分程でフェリーに乗れていたのでそれは後悔しました…

利用料金は1日1000円でした。無料シャトルバスの港からの最終便が、17:50最終でした。(帰りは港から歩いて駐車場まで移動しました。30分程度歩きましたが弥山登山に比べればマシでした)

フェリー

JR宮島口の近くに二つのフェリー乗り場があります。

JR宮島フェリーと、宮島松大汽船です。

両方とも渡航時間と料金は同じですが、JR宮島フェリーの方が、大鳥居の近くを通ってくれるので船から鳥居の写真を撮りたい方はそちらを選んだ方がいいかと思います。

普段は宮島松大汽船の方が便が多いらしいのですが、さすが繁忙期。JR宮島フェリーも10分おきの出航スケジュールで、まさにピストン輸送!

我が家も今回はJR宮島フェリーに乗ることにしました。

ですがこの写真を撮るのも実は大変でした。

船もすごい人!人!人!

みんな鳥居に近づいた時に一斉にそちらの方向へ行きカメラを構えるので人混みの隙間からやっと撮ったという感じです。

ちなみに、進行方向に向かってフェリーの左側にいると先に鳥居が見えてきますが、最接近する時は右側が良く見えていた感じがします。どちら側に乗っていても鳥居はよく見えます。

宮島上陸

フェリー乗り場から降りて右手海岸沿いにずっと行くと、厳島神社に行けます。

この日は混み具合がパネェ状態だったので、厳島神社参拝は諦めました。

ですが島に渡った時ちょうど干潮で鳥居の近くまで行くことが出来ました!

(大鳥居はタダ!!)

とにかく人が多すぎて😅

本当はもっと近くまで行けたのですが今回はこの辺りで満足しました。

引き潮の時は面白い光景が見られます。

1996年UNESCO世界遺産に登録された「嚴島神社」の普段海水に浸かっている脚の部分です。

この多くの参拝客と世界遺産を支えている脚と思えばとても感動します。

満潮時の嚴島神社はまた神秘的で本当に素晴らしいと聞きましたので、次はぜひ満潮時に訪れてみたいなぁと思いました。

弥山登山〜ロープウェイ使用編

宮島がいきなり世界の中心になってしまったのかと錯覚するくらいどこに行っても人混みの大渋滞から逃れられないまま、わたし達は弥山を目指しました。

麓からオール登山で登頂を目指せるらしいのですが、乗り物大好きなわたくし、ロープウェイからの絶景をぜひ見てみたいとひたすら乗り場を目指して歩きました。

乗り場までのバスに乗りたかったのですが、そのバスに乗れる所が分からず(涙)結局徒歩でやっと辿り着いたロープウェイも、整理券が無ければ乗れない状態で待ち時間45分〜1時間。

あちこちにこんな看板がありますが、
バス乗り場には辿り着けず…
ロープウェイ乗り場までの道のりは、
深い緑の木々や苔や草花に囲まれた
広大な紅葉谷公園の中を歩いて行きます。
登山は既に始まっていて少しずつ標高が高くなります。遠くに海と五重塔が見えます。
風情のある赤い欄干が山の緑に映えます。
ここからロープウェイに乗ります。
けっこう歩きましたよ!しかも登り坂です。

紅葉谷駅から中間駅の榧谷(かやたに)駅までは8人乗りのゴンドラです。この日はUSJにも引けを取らない観光客の数でしたので、ギッツギツに詰められた相席で乗りました。

前方も後方もガラス張りです。
すごい勢いでぐんぐん上がります。
山の中の鳥の声や沢の音も聞こえてきて
とても気持ちよかったです。
約10分乗ります。

榧谷駅ではすぐに乗り換えをします。今度は30人乗りの大きなゴンドラで、こちらも通勤時間の新宿の地下鉄かというくらい詰め込まれました。

左右ドアを入ってそれぞれ左手に四人ほど座れる長い席があります。出来るだけ足の悪い方やご高齢の方に譲って差し上げてください。

榧谷駅から獅子岩駅まで4分乗車します。

ぐんぐん標高が上がります。既に絶景!

弥山登山〜獅子岩から弥山山頂

弥山登山に訪れていた方たちは老若男女を問わず幅広い年齢層で、足の悪そうな高齢者の方が杖をついて登っていらっしゃったり、また、ヒラヒラと今流行りの裾の長い服にパンプスと言った街中ファッションでいらっしゃっている若い娘さんもいらっしゃいました。

わたしは、これから弥山登山に行こうとお考えの方に声を大にして申し上げます。

弥山を甘く見てはいけません。

弥山は標高535m、一応難易度レベルは初級とされていますが、ハイキングではなく登山です

登山が出来るそれなりの服装と装備でいらっしゃることを、強くお勧めします。

体温調節が出来る上着、滑落者も続出するコースですのでズボン着用推奨、汗をかきますのでタオル、もちろん飲料水は必須です。言わずもがな、リュックサイコーです。

「えっ?!でも、お年寄りも登るんでしょ?ウチら若いしショートパンツと厚底ブーツでも登れるんじゃね?」

そう思うのでしたら止めませんが、後悔必至です。

獅子岩駅から出てまず霊火堂を目指します。ここは「恋人たちの聖地」と呼ばれていて、なので若いカップル登山客が目立つんですね〜💕

弘法大師空海が宮島で修行をしたときに焚かれた護摩の火が、西暦806年から約1200年にわたって消えずに燃えていて現在も大切に保存されているのが霊火堂です。

「ずっと消えずに燃える」というのがカップルには縁起が良いのでしょう😊❣️ちなみにその火に大きな釜を掛けていてその中で沸いたお湯を頂くとご利益がある…とのことです。

わたしたちも霊火堂に入ってみたのですが、煙と湯気がすごくて写真が撮れませんでした💦煙にむせてしまい、入って数秒で出てしまいました…

霊火堂があるエリアには他にもこんなものを見ることが出来ました。

ここは広島新四国霊場八十八ヶ所巡礼の、第八十八箇所目のなんですね。これが高齢者の方が登っていらっしゃる理由ですね。

霊火堂と、御朱印がもらえる建物との間に自動販売機があります。水は250円、お茶やコーヒーはもう少し高かったです。

霊火堂から三鬼堂へ登り、そこからまた険しい登山道が始まります。

そしてどこから来たのか分からないくらい巨大な岩がたくさん現れます。

くぐり岩や不動岩と呼ばれる巨大な岩を通り過ぎると、やっと弥山頂上です!

展望台の一番上です。展望台にはトイレと
小さなお店がありますが自動販売機はありません。
展望台の一番下の階にある小さなお店で買った飴です。飲み物の販売は「OS-1」のみでした。

さて、ここから下りに入ります。

今度は干満岩や舟岩などを通るルートで下って行ってたのですが、連日の雨で山道に落ちた落ち葉が湿っていて非常に滑りやすい状態でした。

わたしは両手でバランスを取りながら転ばないようにゆっくりと下りていました。息子はぴょんぴょんと跳ねるようにサッサと降りて行きます。

おとうさんが、たぶん、わたしの手を引いてくれようとしたのでしょう。わたしを追い抜いて前に行こうとしました。

その時、濡れた落ち葉に足を取られて

ズズッ!!ド、ドン!!!

と、おとうさんが派手にコケてしまいました😵

幸い骨折などもなく、左手に派手な切り傷を作った程度で済みましたが、最悪どこか骨折したり頭を打ったりもしかねない状況でした。

皆さんも、くれぐれも慣れない山道では足元にご注意くださいね🍀

おまけ〜りらっくま茶房

実は宮島に着いてロープウェイ乗り場へのバス停を探して商店街の中を歩いている時に「りらっくま茶房」というお店を見つけていました💕

お土産屋さんとその奥にある和風カフェがすごくすごく可愛くて❣️❣️

ダメ元で予約受付の発券機で番号を発券して、そこから弥山登山に向かったりしたので、実に待ち時間は4時間程度!

山を降りて頑張って茶房に向かいましたが着いたのが17時前。

17:30にはお店が閉まると言われましたがせっかくここまで来たのでお茶して来ました〜♪

この可愛さは卑怯です
カフェのエントランス
レジの壁にはオシャレなレリーフ。
鹿とレモンと蜂がいます
レジの向かい側にあるソファです。
お店の方がキイロイトリ〜と撮って下さいました
お席には可愛いモチフワのりらっくまぬいぐるみがわたし達を待っていてくれました〜ほっこり♡
チョコムースは、自分でリラックマの顔をデコれます

トイレもとても素敵でした!

天井やライト、柱のあちこちにもリラックマがいっぱいいました!

このお店で一番感動したのが、店員さんの心遣いでした。

オーダーを聞きに来た店員さんが、おとうさんの手を見てすぐに救急箱を持ってきて下さったのです!

本当に助かりました!

お土産もとっても可愛いのが買えて大満足でした!!

終わりに

曇って今ひとつ冴えない天気の中強行軍で行った宮島日帰り旅行でしたが、結果とても楽しかったです!

1個200円で売られていた焼きガキ。小ぶりだとおまけしてくれます。なにもつけなくてもレモンだけで本当に美味で衝撃的でした!!また食べたい!!!

以上、令和初日の我が家の旅の記録でした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました♡

コメント

アーカイブ

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました