ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour2019「ホームタウン」香川公演

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます♡

2019年7月14日(日)サンポート高松にて、ASIAN KUNG-FU GENERATION(以後アジカン)の全国ライブツアー「ホームタウン」香川公演がありました。

アジカンは1996年バンド結成、活動開始。最初は自作のCDをインターネットにて手売り販売していたそうです。それが今や「日本最強のロックバンド」と言われるビッグスター。わたしは「君繋ファイブエム」の頃からですので、ファン歴16年ほどかな。来場者の年齢層は幅広く、男女半々の比率。そして中には外国の方もいらっしゃいました。

雨の中、大勢の人でした。

今回このツアーは、一部に関して「写真のみ撮影可能」という珍しいものでした。

ステージ

わたしは今回、3階席の一列目でした。いつもライブが始まると前の人が背が高くて(ていうかわたしが小さすぎて?)せっかく前の方なのに全然見えない事件がよく起こるのですが、今回は遠い代わりに見晴らしはすごく良くて、楽しかったです。

セットリストは、わたしのうろ覚えですが、こんなかんじでした。なお、参考にさせていただいたのは、こちらのサイトです。

  • クロックワーク
  • ホームタウン
  • レインボーフラッグ
  • 君の街まで
  • 荒野を歩け
  • ライカ
  • 迷子犬と雨のビート
  • UCLA
  • モータープール
  • ダンシングガール
  • ラストダンスは悲しみを乗せて
  • サーカス(Acoustic)
  • 大洋航路(Acoustic)
  • ブルートレイン(Acoustic)
  • グラスホッパー (スピッツ Cover)
  • 八景
  • イエロー
  • Eastet / 復活祭
  • センスレス
  • Standard / スタンダード
  • さようならソルジャー
  • ボーイズ&ガールズ

アンコール

  • 転がる岩、君に朝が降る
  • Re:Re:
  • 解放区 / Liberation Zone

違ってたら教えてください~

アンコール

後藤正文さんが、彼らしい、まるで純文学の一節を朗読をしているような美しい言葉で、わたしたちにこう声をかけてくださったのが、一番胸に響き、残っています。

自由に

誰の真似もしないで

どうぞあなたらしく、あなたらしいスタイルで

気楽に楽しんでください

後藤正文 ASIAN KUN-FU GENERATION Vo.Gt

感じ方もそれぞれだし、同じことを感じてもそれを表現する方法もさまざま、と彼は言っていました。「あなたらしさを大切に」と。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『解放区』Music Video Short ver.

今回も「グググっ」と引き込まれた、いいツアーでした。

特にアコースティックで演奏された3曲はよく聞いていた曲ですが、深みが出てすごくよかったです。新鮮でした!

そして今回、初めてサンポート高松に来たのですが、電車を降りてすぐでアクセスも良くて「これはいい!」と感動しました。

コンビニも入ってるし、お土産なども買えて食事が出来るところもありました。駅から歩いても3分程度でストレスなしです。

こしのある美味しいさぬきうどんをいただきました

晴れていたら瀬戸内海もきれいに見えただろうロケーションもいい場所でした。雨だったからそこは残念でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

コメント

アーカイブ

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました